働く女性が家庭と両立に悩む現状

働く女性にとって一番難しい問題は、家庭と仕事の両立です。仕事に重点を置いたら、家族が不満を感じることが多くなります。家事に力を入れたら、職場でうまくいかなくなるかもしれません。子供がある程度成長したら、家事と仕事の両立の難しさは小さくなります。子育ては家事の中で一番大変で、時間も必要です。子供が自分でできることが増えてきたら、女性は自分の仕事に使える時間が増えていきます。ただし、その前の子供に手のかかる時期を省くことはできません。

介護と仕事を両立させなければならない女性も増えています。この現状は日本が高齢化社会を迎えたことを反映しています。介護は育児よりもさらに大変で、介護のために仕事を辞めなければならない人も少なくありません。40代や50代の働く女性がこの問題に直面して、これまで築いてきたキャリアを諦めることがあります。

上記に書いたような問題が出てきたときは、自分の働き方を一回見直すのが良い方法です。例えば看護師の方が仕事と育児の両立に悩んだら、フルタイムの仕事からパートの仕事に変える方法があります。パートになると収入は落ちてしまいますが、仕事はやめないのでスキルが落ちることは少ないです。パートの仕事をしながら少しずつ自分のスキルを磨いていくのは不可能ではありません。仕事の合理化が進んでおり、どのような分野の仕事でもパートの人を雇うことが多くなっています。そのために正社員の仕事の経験を生かせるパートの仕事を探すのは、それほど難しいことではありません。