女性がキャリア形成をするには

女性の社会進出に伴い、官公庁や民間企業においては、女性社員のキャリア形成が重要な課題の一つとして位置づけられるようになっています。そうした中、新卒で就職をした後に順調にキャリア形成をするにあたり、多くの女性社員の活躍しているところを見つけることが重要です。

例えば、昇進や昇格のチャンスも性別に関係なくあるところや、様々な角度の仕事に対する評価を行っているところを職場に選ぶことで、スムーズにキャリア形成を目指すことが可能です。特に、女性社員の受け入れを積極的に行っている企業の中には、一人ひとりの社員の適性や能力に応じて配置を決めたり、業務中のフォローを徹底したりしているところも多くあります。

また、出産や育児をしながらキャリアを積むためには、産休や育休の取得率の高いところを就職先の候補に選ぶことがポイントです。女性社員の定着率が高い大手企業の中には、子育てに励んでいる社員を対象として独自の休暇制度を導入したり、様々な福利厚生を用意したりしているところも少なくありません。そこで、同じ職場で働き続けたい人であれば、就職活動中に志望企業の女性社員に対するサポートの内容や、休暇の取りやすさなどをしっかりと比較してみることが大事です。その他、時には女性向けのキャリアアップセミナーなどに顔を出して、各企業で管理職として働いている女性の話を聞いたり、同じような境遇の人と情報の交換をしたりすることも肝心です。
参照サイト